格安航空券でお得に旅行!一般の航空券との違いを紹介!

- 格安航空券と一般的な航空券の違いとは

格安航空券と一般的な航空券の違いとは

2016年11月2日 5:15 PM

旅行や仕事で、飛行機を利用される方は多いですね。
遠出する時は、移動の交通費はなるべく安くすませたいものです。
これから格安航空券のメリット・デメリットを一般的な航空券と比較してご紹介します。

まず航空チケットの価格の面で比較してみましょう

格安航空チケットは競合他社で最安値を競っているので、JAL航空券やANA航空券と比較しても大きな差がありますね。
航空チケットの価格の割引が可能になる理由としては、会社によって様々ですが多くは経営の効率化を図っている為です。
サービスや機内設備をできるだけシンプルにしたり、一部サービスを有料化することで、正規運賃を低価格に設定しています。

マイルの有無

gazo
JAL航空券やANA航空券では、航空チケットを購入すると、マイルが貯まるサービスがあります。
マイルを貯めることによって、旅行の航空チケットや旅行プランに交換ができたり、提携先のポイントへの交換等ができます。
マイルの活用法は年々増えているので、購入者にとってはこういった特典があることは嬉しいポイントですね。
対して、格安航空チケットはマイルがつかない場合がほとんどです。
マイレージサービスがある場合もありますが、上記で説明した様なものと比較すると、マイルの点でのメリットは少ないです。

予約後の変更・キャンセル時の手数料

購入する航空チケットの予約状況にもよりますが、基本的には格安航空チケットの方が手数料が多く発生します。
ピーチ航空などの航空チケットによっては、キャンセルの取扱いが無い場合もあるので予約時にはよくプランを検討しなければなりません。

空港のチェックインカウンターの位置

これは皆さん既にご存知かもしれませんが、空港のチェックインカウンターの位置には大きな差があります。
JALやANAなどは、わかりやすい空港の中央付近にチェックインカウンターを設けているので、難なく手続きをすることができます。
それに比べて、格安航空チケットを取り扱う航空会社のチェックインカウンターは、空港の端やわかりにくい場所にあることが多いです。

手荷物のサイズの規制

格安航空チケットを取り扱う航空会社は、手荷物の重量によって別途料金が発生することがある為、規制は細かく決められています。
JALやANAなどは、手荷物に関してはほとんどが無料の為、その点に神経を使うことは少ない印象です。

機内設備の違い

格安航空チケットを取り扱う航空会社は、コスト削減のために小型機を使用することがほとんどです。
JALやANAなどは、小型機、中型機、大型機と様々なタイプを使用しているので、機内設備はこちらの方が充実しています。
座席の広さの面でも、格安航空チケットを取り扱う航空会社は座席を多く配置しているので、比較するとやや狭く感じられるかもしれません。

機内サービスの違い

格安航空チケットを取り扱う航空会社は、機内サービスが全く無いかあってもシンプルなサービスか、その他は有料になります。
機内サービスの面を重視するのであれば、JALやANAなどのきめ細やかなサービスを選ぶことをおすすめします。

比較してみてわかったそれぞれのメリット

JALやANAなどは、正規運賃をある程度高い水準に設定する代わりに、徹底したサービスと設備を提供してくれるという所がメリットですね。
格安航空チケットを取り扱う航空会社は、サービスと設備を簡素化する代わりに、航空券を激安で提供してくれるという所がメリットです。
どちらも、メリットを有効に活用すれば購入者にとって有益であることは、間違いないですね。
格安航空券を利用する場合は、事前の確認やプランニングを万全にして、賢くお得に空の旅を楽しんでください。

Tags: | Categories :

新着情報

◆2016/11/14
格安航空券と一般的な航空券の違いとはの情報を更新しました。
◆2016/11/02
別格なサービスと高品質な設備のスターフライヤーはすごいの情報を更新しました。
◆2016/11/02
北海道へ行くならAIR DOがおすすめですの情報を更新しました。
◆2016/11/02
抜群の知名度を誇るジェットスターとはの情報を更新しました。
◆2016/11/02
可愛いだけじゃないピーチの人気の理由の情報を更新しました。
Copyright(C)2016 格安航空券でお得に旅行!一般の航空券との違いを紹介! All Rights Reserved.